大学中退者は仕事がない!?は嘘

MENU

大学中退者は仕事がない!?は嘘

 

大学中退したら仕事がないといわれていますが実際のところどうなのでしょうか。

 

これはわざわざ説明しなくても嘘に決まっていますね。
仕事なんて選ばなければいくらでもあります
これもみなさん理解しているところだと思います。

 

あとは大学中退したら高卒以下というイメージも世間ではありますからそのイメージもずっと付きまとっているというのもありますね。
結局大学中退もどういった理由で中退したのかでも変わってきますしね。
実際ちゃんとあまり就職活動をしていない人がそういったイメージを持っているかもしれませんね。

 

結局仕事がないというのは【自分がやりたい、働きたい仕事がない】ということですね。
たとえば昔から言われている3kと言われている仕事は初めから除外して考えて仕事がないと考えている方もいるでしょう。

 

2017年、2018年は超売り手市場

 

ただ、2017年、2018年もそうでしょうが超売り手市場です。
就職氷河期といわれている時代ならまだしも現在は本当にチャンスだらけです。
企業は人材を必要としています。

 

もちろん大手の人気で優良企業ということになるとまた話は変わってきます。
ただ、この一昔前の就職難とは違って今は良い環境です。

 

確かにアルバイトや非正規雇用が多いというのもありますがそれでも有効求人倍率などを見てもわかる通り売り手市場は明らかです。

 

もっとしっかり現実を見ると見えてくるものがある

 

大手の企業がいいと思っている方もいるかもしれませんが、大手のひと昔前は人気企業であっても倒産の危機に陥っている会社は多くあります。
たとえばシャープや東芝などだって厳しい時代ですからね。
IT系企業の上場も増えていますし、仕事も多様化しています。
公務員で市役所や学校の先生の知り合いもいますが、正直普通のサラリーマンよりかなりハードで過酷です。
もちろん安定というのはいまだにありますけどね。

 

話を戻して、もう本当に人材を必要としている企業は数多くあります。
ですから仕事はありますし、まだまだ若いのであれば良い会社に就職できる可能性だって充分にあるともいます。
また、ステップアップのための就職も悪くないかもしれません。

 

視野を広めて仕事を探してみるとわかることも

 

就職先がなくてできないと言っている方はもしかしたら探し方の範囲が狭いのかもしれません。
大手の求人サイトで応募が殺到する人気の求人ばかりに応募するとかハローワークで条件の良い求人だけを探していてなかなか見つからないなどです。
おそらく多くの方が思いつく簡単な方法がそれらの方法なんです。
だからそこに集まるわけですね。
そして、結局ハローワークでとりあえず見つけて働くという結論に至るのも勿体ないのかなと思ったりもします。

 

仕事がないといっている方は行動していないとか行動範囲が狭い可能性もあるわけですね。
わざわざ競争率の高いところで勝負しなくても良い求人があったりすることもあるわけです。

 

もっと他に方法を考えて行動すればそんなライバルの多いところで戦わなくてすむこともあります。

 

こんな売りて市場のときですからね。
うまく就職活動できれば良い会社に就職できる可能性もあると思います。

 

例えば探し方の範囲を広めて就職支援サービスなどを利用して非公開求人などに眠っている優良企業を紹介してもらえるように引っ張って来たりというのも一つです。

 

ちょっと言い方が悪かったですがそういったいろいろな方法と行動力で仕事を見つけるということが大事だということです。
そこにはライバルがほとんどいなくてハードルが低い可能性もあります。

 

視野を広げていろいろ行動してみるとよいと思います。
そうしたらこんなところにこんな求人がと思うこともあるかもしれません。

 

また就職氷河期がやってくることも十分に考えられますからこのチャンスを逃さないことが大事だと思います。