大学中退者におすすめの求人の探し方

MENU

ライバルに差をつける!大学中退者におすすめの求人の探し方

 

大学を中退してどのように求人を探せば良いのかわからないという方も多いでしょう。
単純に仕事を探すならハローワークや求人サイトなどで探していくということになるかと思います。

 

別にそれも良いと思います。
情報収集してタイミング次第では魅力的な求人が見つかる可能性もあります。
むしろこういった情報もしっかりチェックしておくことが大事です。

 

ただ、それだけではなくもっと幅広くうまく就職活動を行うことが大事です。
たとえばハローワークだけで探して見つけるという選択肢しかない人とハローワーク、求人サイトでさらにスカウト機能も利用して、就職エージェントも利用してという方では情報量や就職がスムーズにいけて納得できる会社が見つかって働ける可能性が高いと言えるのではないでしょうか。

 

あまり情報も集めず、就職活動がうまくいかないしハローワークで見つけて就職したけどあまり良い会社ではなく、すぐ退職してしまったではさらに厳しい道に進んでいってしまいます。

 

そうならないためにうまくしっかり求人を探さなければいけないと思います。

大学中退者におすすめの求人の探し方

 

ちょっと長くなりましたが大学中退者におすすめの求人の探し方です。

 

就職支援サービスを利用してキャリアコンサルタントに相談

 

まずは就職支援サービスに登録して相談に行きます。
私も利用しましたがこのサービスは利用しない手はないです。

 

大学中退者特に就職に不安や悩みを抱えているでしょうし、どうやって就職活動しようか迷っている方も多いでしょうからここでまずは準備です。
キャリアコンサルタントに客観的にあなたのことを見てもらうことです。
いろいろ相談に乗ってくれます。
ここであなたの就職への不安や悩みが軽減されるでしょう。
あなたと同じような境遇の方に何人も相談にのって就職をサポートしていますから良い道へと導いてくれる可能性もあります。
今まであまり進んでいなかった就職活動がスムーズに進む可能性が高いと思います。

 

就職の準備を整える

そして、あなたの希望やあなたに合った求人を紹介してくれます。
そこで、「こんな求人があるんだ〜」となんとなくイメージできます。

 

ここでそのキャリアコンサルタントがあなたに紹介してきた求人がポイントであなたならこのレベルの求人なら良いと思って紹介してきている可能性が高いです。
もしあなたが大学中退してスキルや社会経験もない状態で日本でもトップの一流企業の求人を紹介してくれるということはなかなかないと思います。

 

ですから
キャリアコンサルタントが提示してくる求人によって今あなたの位置(社会経験・スキル)がある程度把握できるわけです。

履歴書や職務経歴書などの書き方

 

そして、さらに準備を進めていくのですが、良い求人があって応募したいとなったら次は履歴書や職務経歴書などの書き方です。
こういったところもサポートしてくれるでしょう。
この履歴書や職務経歴書あたりがどう書いてよいのかわからなかったりするんですよね。

 

ネットで調べたら出てきますが、基本的なところであなたに合ったものではないので結局とても役に立つとまでは言えませんね。
応募したい企業に合わせて変えることも大事になってきますからそのコツなどを理解することが大事です。
そこでキャリアコンサルタントに相談しながらわかってくると思います。

 

これだけなら普通に就職支援サービスを利用して仕事を探しているだけです。
もっと効率良く就職活動することが大事です。

 

これと並行して求人サイトにいくつか登録しておきます。
スカウト機能も利用してオファーも待ちます。

 

一応ハローワークの求人も確認します。
ネットからでもチェックできますし、一度くらいお近くのハローワークに行っても良いかもしれません。

 

就職支援サービスを利用することで就職活動がなんとなくわかってきたと思います。
就職支援サービスは結構ちゃんとした求人を紹介してくれることも多いですが、自分で数多くの求人を選べるわけではありません。
ですからもっといろいろな求人から探して見つけるために求人サイトなども並行して利用します。
ここで求人サイトに良い求人があれば今までの就職活動の知識を活かして応募したりするわけです。

 

可能性として書類審査を通る確率も上がっているのではないでしょうか。
おそらく求人サイトだけ見て応募してもなかなか難しかったでしょう。

面接

 

そして、並行して就職支援サービスの求人に応募して次は面接というところになります。
面接も質問されることや何を答えて良いのか本当にわからないと思います。

 

面接も面接を受ける企業に合わせて対策をとらないといけないのでネットで調べても勉強しても自分にうまく落とし込むことは難しいでしょう。
その会社の情報を集めたりして、キャリアコンサルタントに相談して準備していくと良いでしょう。

 

求人サイトで面接まで行った時も自分でしっかり準備できるようになるので活きてくると思います。

 

すべてを学んだその後は

 

就職支援サービスの求人が納得できて面接して内定をもらえたし、そこで働きたいということであればそれで就職活動は終了ですね。
ただ、そこでまだ決まっていないとか他にも探したいということであれば求人サイトなども利用して就職活動を続けていくことになるでしょう。
また継続して就職支援サービスを利用していくのも良いでしょう。

 

もしその就職支援サービスがダメであれば別の就職支援サービスを利用するのも良いでしょう。
就職支援サービスで求人も違いますし、たまにキャリアコンサルタントと相性が合わないということもありますから一つだけではなく、二つくらい登録しておいても良いかもしれません。

 

求人サイトは何個でも登録しておいて良いと思いますが、就職支援サービスはあまり多いと大変かもしれませんので2つほどにしておくのが良いのではないでしょうか。

 

こういった感じで効率良くうまく行動することで就職活動のスキルをアップできて就職活動もスムーズに進められるのではないでしょうか。
まずは行動が大事ですね。