大学中退者から正社員になれる人となれない人の違いは?

MENU

大学中退者から正社員になれる人となれない人の違いは?

 

大学中退したけどすぐに正社員になる方もいますし、なかなかなれないという方もいます。

 

これは当然学歴や経験、働きたい狙っている会社の違いでも大きく変わってきますから一概には言えませんが正社員に慣れた方はやはりそれなりの理由がある可能性が高いです。

 

ただ、学歴など厳しいし経験がなくても、就職の準備をしっかり進めていたとか就職するためのベストな方法をとって行動していたとかで正社員になれている方も多いのではないでしょうか。

 

では個人の性格や習慣で見ていきたいと思います。

 

正社員になれない人の特徴

 

まずは正社員になれない人の特徴を紹介したいと思います。

 

覚悟が足りない

 

正社員になりたいという気持ちが足りないということが考えられます。
大学中退してからだと就職活動していても他の同じような境遇の方と話すことはあまりないと思います。
ですから基本的には一人で就職活動をすると思います。
そうなるとどうしても気持ちが入らなかっりします。

 

例えば大学受験などなら同級生と一緒なのでみんなが頑張っていたら危機感を感じて自分も頑張ろうとなりやすい環境にいます。

 

もし正社員になりたいという強い気持ちをもった人なら、まずはどうやって就職できるのかなとかそのことばかり考えますし、不安でも思い切っていろいろ行動していくと思います。

 

このままじゃ何にもならないやるしかないという覚悟を持つことが大事だと思います。

危機感が足りない

 

覚悟が足りないと言われてもいきなり覚悟を持つことができない人ばかりだと思います。
そんなこと人から言われてもすぐにはかわれません。

 

おそらくどこかで何とかなるとか思っていたり、諦めていたり、逃げ道を作っていたり、言い訳をしている可能性もあります。
自分一人だと特にそうなりがちです。

 

本当に危機感を感じることで覚悟を決めることができるのではないかと思います。
もう今就職活動を本気でしないと将来大変なことになるということを理解することです。

 

まわりのみんながどんどん幸せになっていって自分だけ取り残されていくことを想像してみてください。
そして、このままでは将来路頭に迷う可能性があるくらいのことを考えてみると危機感をもって覚悟を決めて行動できるのではないでしょうか。

行動していない

 

何とかなるとか危機感や覚悟がないから行動できていない可能性があると思います。

 

就職活動のやり方がわからない、不安で行動できない、アルバイトで何となく生活できていて変化を恐れているなどいろいろあるかと思います。
じゃあどうすれば良いのか考えてみるだけです。
この考えることも怖いという感情もあったりするでしょう。

 

ですが当サイトを見てくださっているということは行動しようと考えているし、一歩前まで来ているのかなと思います。
おそらく不安だとかわからないなら就職支援サービスを利用して相談しながら就職活動を進めてみても良いと思います。

 

求人サイトを調べていくのも良いですが、これだけだと自分一人で探すだけなので、また探すのをやめるという流れに戻りやすいので誰かを巻き込んだり相談に行くくらいのほうがアクセルは踏まれるかなと思います。

しっかり調査していない

 

就職活動はしているけどなかなか正社員になれないという方はその会社のことをしっかり調査できていないのかもしれません。
調査できていないということは面接でも気持ちも伝えられないでしょうし、面接官に質問されたことに対して的確に答えられない可能性も高いです。

 

例えば〇〇の会社に就職したい大学中退者の人と、一流大学卒業でいくつも就職先の候補があってとりあえず受けてみた人ならどちらのほうが会社のことをよく知っていると可能性が高いでしょうか。
それに社長からしたらどちらの人間に好印象を持つでしょうか。

 

もちろん業務内容などによっては一流大学卒業のほうを採用するという選択肢になるかもしれませんが、そこは変えることはできないので会社のことを調査するや入りたいという気持ちで勝負するほうに比重を置くことが大事なのではないかと思います。

 

全部が全部一流大学卒業の人を雇いたいと思うとは限りません。
一流大学卒業でも仕事ができない人は山ほどいます。

 

それも会社側はわかっているでしょう。
面接官も人間ですし、面接があるのはその人の人間性などをみているわけですからそういったところを意識して面接に対して準備していくことが大切ではないかと思います。

条件が厳しい・プライドが高い

 

仕事内容や給料、福利厚生などいろいろ条件が厳しく仕事が見つからにという方もいるかと思います。

 

そういった人はこちらでも書きましたが、まずは自分を見つめなおすことです。
おそらく今自分のレベル合っていない高いところばかりを狙っている可能性があります。

 

それがあなたのやりたい仕事ならそこを目指して頑張るのも良いと思います。
ただ、そうではなくて特に強い気持ちもなく、何となく嫌とか、〇〇万以上はもらえないと働かないなどという考えならいつまでたっても厳しい結果が続く可能性が高いです。

 

もしその条件を下げられないなら自分がレベルアップするのか、何か変化を加えないと同じことの繰り返しになる可能性が高いです。

 

いきなりプライをの捨てろなんて言われてもできないことなので自分を見つめ直すとか、それにあったレベルに行くために行動するなどが良いのではないでしょうか。

現実を見ていない

 

何とかなるとか思っている方やプライドが高い方などは現実を見ていない可能性もあります。
見ていないというより怖いから見ようとしないといったほうが正しいかもしれません。

 

現実を知ると精神的に持たないとかきつくなるからそうなりたくないという気持ちが大きかったりもすると思います。
これは自分一人ではなかなか見ようとしません。

 

友達や家族などでも相談できればよいのですが、プライドが高いとなかなか難しかったり、周りも気を遣ってちゃんと言ってくれないこともあります。
逆にネットなどで知らない人に聞くとズバッといってくれてハッと気づくこともあります。
まあどこかで気づいているけど気づかないようにしているという方が多いでしょうが、ストレートに言ってももらうことで現実を受け止めやすくなるということですね。

 

そんな人がいないという方は就職支援サービスを利用してコンサルタントに相談しながら客観的に見てもらうのも良いと思います。
意外に素直に受け入れられる可能性もあると思います。

不安・自信がない

 

大学中退ということなどから本当に就職できるのかとか、不安や自信がないという方ですね。
正直こういう方は多いと思います。

 

やはりこれは相談だと思います。
自分一人で悩んでいてもきついだけですし相談が良いと思います。

 

私も転職エージェントのコンサルタントに相談して一気に気持ちが楽になりましたからね。

 

これで一歩前進できるのかなとは思います。

変化を恐れている

 

アルバイトをしているとか、働いていないけど実家でゆっくり過ごすことに居心地の良さを感じている方もいるのではないでしょうか。
気持ちの中ではこのままではいけないと思っていても、今がいいから変化することが嫌だし、怖いという感覚もあるでしょう。

 

そのままで良いと思っていないということは何か変えなければいけません。
それを続けていてもただ問題が先を繰りになっているだけです。

 

あとやっているつもりでも無駄なことをしている可能性もあります。
例えば何の役にも立たない資格の勉強(役に立つとか将来しっかり考えてやっているなら問題ないです)やちょっと求人を見るだけなどです。
それをやって気持ちは保たれますが実際何も変わっていません。

 

それなら次は求人を応募するとか、面接に行くとか一歩ずつ進まないといけません。
一気に変わることが嫌ならこのように少しづつでも進めていくことが大事だと思います。

 

こういう感覚の方はなかなか一歩踏み出せなかったりするので一気に変えるくらいのほうが良いかもしれませんけどね。

正社員になれる人

 

では逆に正社員になれる人とはどういった人なのでしょうか、
一言でいうと上で挙げたことの逆ですかね。

 

積極的で行動的、先を見据えてしっかり考えて行動できている人などですね。
あとはやはり精神的に強い人が多いのかなという印象もあります。

 

なかなか正社員になれないという方はこちらを見てみてください。