大学中退者から就職するための方法

MENU

大学中退者から就職するための方法

 

準備ができたら次は行動をとるのですが、どういった行動をとるのかです。

 

いろいろ考えて準備ができればいろいろな選択肢が見つかるはずです。
就職するためのいろいろな方法も考えられるでしょう。

 

ただ、この方法も人によって違うでしょう。
大学中退たけどTOEIC900点で英語とスペイン語が話せる人と調理師の免許を持っている人では考える方法や行動も当然大きく違います。

 

前者は英語の知識を活かしたいと考える可能性が高いでしょうし調理系の仕事で何かないかなとか考えると思います。
このように行動する方法、進む道も全然違うのはわかるでしょう。

 

どちらにしても就職したいと考えているわけです。

就職するための方法とは

ではどういった方法で就職するのかです。

 

一般的には求人サイトやハローワーク、最近では就職支援サービスなども増えてきました。
アルバイトから就職するという方もいるでしょうし、知人や先輩に紹介してもらうという方もいるでしょう。
公務員試験を受けて公務員になるという方もいるでしょう。

 

何が良いのかは人それぞれ違うと思いますが、じっかり準備できていて情報も持っていれば納得して行動できるでしょう。
自分のやりたいことが決まっていて給料は安いけどハローワークにその求人があったらそれでも自分では納得できて良いのではないでしょうか。
もちろん働いてみたら違ったとか厳しいとうことも考えられますけどね。

 

ここでもさらにしっかり考えていればそういったリスクは嫌だからその企業のことをもっと調べようとか情報を持っているところを探したり、就職支援サービスのキャリアコンサルタントに相談しようという一歩踏み込んだ考えになると思います。

 

しっかり考えて準備していればそこまで考えられているので納得できるし就職活動もスムーズに進むかもしれません。

 

よくある仕事を探す方法として
まとめると

 

  • ハローワーク
  • 求人サイト
  • 就職支援サービス
  • 知人や先輩に紹介
  • 試験を受ける
  • 直接企業に応募する

 

などが良くある方法ですね。

 

それぞれメリットデメリットもありますね。
詳しくは別のページで紹介したいと思います。

 

関連ページ

ハローワークについて

求人サイトについて

就職支援サービスについて

知人や先輩に紹介
試験を受ける
直接企業に応募する

 

大学中退者におすすめの求人の探し方