ハローワークについて

MENU

ハローワークについて

 

大学中退して就職したいけどなかなか見つからない、内定ももらえないという方も多いでしょう。
そういった方がまず思い浮かぶのがハローワークですね。

 

まず求人数が豊富でいろいろな仕事が見つかります。
正直、選り好みしなければ仕事が見つかる可能性も高いでしょう。

 

ただ、就職支援サービスや求人サイトなどのように求人を出すのに高額の広告費がかかるわけでもないので難しくなくハードルが低いので様々な会社の求人が掲載されます。

ハローワークで探した求人で就職するのは良いのか?

本当に様々な求人が数多く掲載されています。
もちろんブラック企業といわれる求人も掲載されているでしょう。

 

ではハローワークで探した求人で就職するのは良いのかどうかというところです。
これはあなたの働きたい仕事があればそれは問題なく良いと思います。

 

別にとても職場環境の良い社員のことを考えた会社もあるでしょう。
ただ、それとは逆に掲載のハードルが低いのでブラック企業に該当する会社も多くあるでしょうから注意が必要ということです。

ハローワークでの求人の探し方

まず求人サイトなど高額の広告費を出せなくてもしっかりしている会社の求人も多くあります。
ずっと求人をみているとわかるのですが、いつも掲載されている求人やよく求人募集している会社があります。
それはちょっと避けたくなりますね。

 

見てみたらあまり見かけない求人があったりします。
意外に良い会社ということも多いです。

 

ただ、ハローワークに優良求人が掲載されると一瞬で応募が殺到します。
一人や二人の募集に対して100人とかです。
これはハローワークのスタッフに聞くと今どれくらい応募されているのか教えてくれると思います。

 

良さそうな求人の応募が殺到するのは仕方ないことですがなかなかライバルは多いです。
諦めずに応募し続けるというのも一つですがそればかりを狙っていると時間だけが経ってしまうので違う方法でも並行して探すほうが良いと思います。

 

ハローワーク 職業訓練を利用する

ハローワークには職業訓練があります。
訓練期間はコースによって違っていて数か月の訓練を行います。
ビジネスマナー、パソコンスキル、介護(初任者・実務者等)、デザイン、営業・販売・事務、ネイル、金属加工、木工、電気設備、自動車整備、情報通信、機械CAD、溶接、総務オフィス実務、港湾荷役、介護(初任者・実務者等)、営業事務、電気設備、不動産ビジネス、総務・経理事務、医療・調剤事務、Webクリエーター、プログラマ養成、介護実務者など様々あります。

 

私個人的には絶対おすすめとは言いませんが、スキルアップにはつながるかもしれませんね。
すぐに就職しないと厳しいとかお金が必要ということでなければ良いかもしれませんね。

 

民間企業でもProEngineerのようなIT・エンジニアの技術もつけられて、就職支援を行ってくれるサービスもあっておすすめのものもありますから探してみるの一つです。